runPHP

WordPressで記事を書いていく過程で、PHPの処理を利用したくなる事が出てきます。
それは、例えばサイト自身に設定している関数を呼び出す時や、純粋に独自処理をしたい時ですね。
それらを実現する方法を記載します。

WordPressにプラグインで実現可能で「runPHP」を使用します。
まずはダウンロードですね。
ダウンロードが出来ましたら、解凍して以下のディレクトリーにコピーします。

/wp-content/plugins/

コピーを終えたら、WordPressの管理画面にログインして左ペインの中から「プラグイン」>「インストール済みのプラグイン」をクリック。
runPHP」を有効にします。


さて、準備があります。
1 左ペインの中「設定」>「runPHP」へと進み、[管理者](使用者の名前”例:Administrator”)にチェックを入れる。

2 次に左ペインの中から「ユーザー」>「ユーザー一覧」をクリック。
自身のユーザー名をクリックし、[プロフィール]内の[ビジュアルリッチエディターを使用しない]のチェックを外し「プロフィールを更新」をクリックし設定を保存します。

3 最後に左ペイン内の「設定」>「投稿設定」をクリックし[不正にネスト化した XHTML を自動的に修正する]のチェックを外し「変更を保存」をクリックして準備完了です。


新規記事を書く時のテキストボックス下に「run PHP code?」というチェックボックスが表示されるようになりますので、チェックを入れましてPHPの使用を可能にします。
そんなに難しくは無いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください