Windowsでコマンドプロンプトを使用してユーザーを追加する方法。

先日Windowsを使用中、プロファイルに問題が起き、起動してもタスクバーすら表示されない状況になった。
この時[Win]+[R]キーで「ファイル名を指定して実行」を実行することが出来たが、コントロールパネルを開く事が出来なかった為、コマンドプロンプトにてユーザーを追加し対応した。
この手順を説明する。
続きを読む

Windowsの「ファイル名を指定して実行」においてコマンドプロンプトを管理者権限で起動する方法。

Windowsでは、[Win]+[R]キーで「ファイル名を指定して実行」を実行することが出来る。
この時”cmd”と打ち、[Enter]キーを押すとコマンドプロンプロを起動できるわけだが、このままでは一般ユーザーの権限しかない。
この状況で「管理者権限」を取得する方法を説明する。
続きを読む

Linux(Ubuntu)でexFATに対応する方法

ファイルシステムの中で、セキュアなどの点を除いて汎用性が高い形式に「exFAT」というものがある。
最もポピュラーなファイルシステムである「FAT」を文字通り拡張(Extended)したもので、Windowsに限らずMacなどでも読み書きを行う事ができ、「FAT」の多くの弱点を克服できてる。
続きを読む

Windows10におけるアップデート時のエラー対策(0x80240fff)

Windows10を再インストールするときは、主に新規に作成したインストールメディア(主にUSB)を利用してインストール事が多いが、メーカーものであれば、リカバリーディスクや回復領域を利用した再インストールを行う事になる。
これらの手法によってインストールされるWindwosは古いバージョンとなることが多く、アップデート時に問題を起こすことがある。
続きを読む

Macにおける特有情報を含まないzipの作成方法

Macを経由でデータを受け取ると、そのストレージ上にはMacOSによって生成された「メタファイル」(フォルダもある)を目にすることがあるが、MacOS上では隠し属性で見えないが、他のOSからだと見える。
これらのデータは、MacOSがファイルたフォルダ、さらにはストレージに対して様々な情報や設定を保持するために生成されるが、Windwosに対しては不要であったり、Linuxはディストリビューションによっては、不要に影響を与えることもあるため、受け渡し時には削除することが推奨されている。
続きを読む

zip unzip(圧縮解凍)

データというものは、サイズがあり、それは年々肥大化していくが、それらの情報をそのまま使用していては、効率が良くないことは分かっている。
保存しておく情報、インターネット上の、いわゆる公共データ網でやり取りする情報などを中心に、効率性を上げるための技術として、「圧縮」という技術が存在する。
続きを読む

ネットワーク・インターフェイスのMACアドレスを変更する(Windows10)

MACアドレスとは、ネットワークへアクセスできる機器に振り分けられている特有の16進数のアドレスの事である。
MACは「Media Access Control」の略で、OSIの第2レイヤー、データリンク層で通信しており、この値はIPアドレスとはまた別のもので、経験はないが、同じネットワーク上で同じものがあると問題となる。
また、逆にセキュリティの関係で、通信規制にMACアドレスを利用すると、セキュアの強化にもつながる。
今回はこの後者での対応のために記事を書いている。
続きを読む

OneDrive上のOfficeファイルをローカルで開く時に「使用中」となり開けない場合の対処(Windows10)

Microsaftのクラウドサービスである「OneDrive」は、他社のクラウドサービスと違った便利な機能をいくつも搭載しており、特にOffice製品との連動は優秀である。
その為、クラウド上にOffice系のファイルを保存する人も多くいると思うが、今回はそれに伴うトラブルと対策方法。
続きを読む